カテゴリ:Article( 42 )

 

犬と人間

目と目で通じあう 特別な絆


犬と私たちはいつ、出会ったのか。最も古い犬の骨は、ロシアで発見された約3万3千年前のものだ。旧人の居住跡で見つかった。一方、人間に家畜化されたのは2万~1万5千年前と考えられている。イスラエルのアイン・マラハ遺跡では、高齢の女性が子犬に手を添える形で共に葬られた約1万2千年前の墓が見つかっている。

日本最古の犬の骨は約9500年前のもの。神奈川県の夏島貝塚で見つかった。縄文時代には番犬や狩猟犬として飼われていたようだ。だが、弥生時代に入ると様子が変わってくる。愛知県の朝日遺跡では犬の骨が散乱した形で見つかり、解体痕もあった。

麻布大で動物行動遺伝学を研究した外池亜紀子さんは「縄文人は犬を埋葬していた形跡もあり、大切に飼っていたようだ。だが弥生時代に入ると、食用にした形跡が増えてくる」と指摘する。



日本人のそばには昔から犬の姿があった。ヤマザキ学園大の新島典子准教授(動物人間関係学)によると、早くも「日本書紀」には天武天皇が犬や牛など5種類の動物を食べることを禁じた記録が出てくるという。鎌倉時代になると「犬追物(いぬおうもの)」がはやり、矢で射るための的として殺傷された。「犬合わせ」と称する闘犬も始まった。

江戸時代に入ると、徳川綱吉が「生類憐みの令」を出す。犬だけが対象ではないが、綱吉は「犬公方(いぬくぼう)」と呼ばれることに。法政大の根崎光男教授(歴史学)は「犬は安産の神様だったり不動明王の使いだったりするなど、日本人の文化に根付いていた」と話す。

明治時代には各府県単位で「畜犬規制」が定められ、犬が個人の所有物となった。『犬たちの明治維新』などの著者、仁科邦男さんは「飼い主と犬の個の関係が現代にまでつながっている」とみる。

現代の日本では全世帯の14%が犬を飼っている。推計飼育数は987万匹にのぼる(2016年、ペットフード協会調べ)。



麻布大の菊水健史教授(動物行動学)は、犬のすごさは「人と絆を結べること」にあるという。ドイツのマックス・プランク研究所の研究で、犬は人が指をさしたり、視線を向けたりしたカップにエサがあることを理解できることがわかっている。チンパンジーですら持たない、犬特有の能力だ。

また、犬は飼い主と目線をあわせる。すると双方で愛情や信頼に関わるホルモン「オキシトシン」の濃度が上昇するという研究が、麻布大から報告されている。オオカミは飼いならされていても、飼い主と目をあわせることはない。菊水教授は「犬は人と生活することでオオカミから進化したと考えられていて、あうんの呼吸で、人の意図を理解する能力を持っている。人がこれほど特別な関係を築けた動物は、地球上にはほかにはない」と指摘する。

スウェーデン王立工科大の研究チームが犬とオオカミのDNAを調べたところ、柴犬と秋田犬が最もオオカミに近いDNAを持っていた。背景はまだよくわかっていないが、日本犬の研究から、犬の起源が見えてくるかもしれない。



人との歩み

◆旧石器時代
人と出会い、家畜化される。ハイイロオオカミが犬の祖先だったと考えられている。

◆縄文時代
上黒岩岩陰遺跡(愛知県久万高原町)で約7300年前の埋葬された状態の犬の骨が出土。

◆弥生時代 犬が食用とされていた
朝日遺跡(愛知県清須市~名古屋市)で解体痕のある食用と推測される犬の骨が出土。

◆奈良時代 「日本書記」に犬肉食禁止令
天武天皇が、675年、牛、馬、猿、犬、鶏の狩猟や肉食を一定期間、禁止した

◆江戸時代 1680年代半ば以降
徳川綱吉「生類憐みの令」

◆明治時代 「畜犬規制」
「飼い犬」と「野良犬」に区別

◆現代
日本国内の犬の推計飼育数は987万匹にのぼり、犬猫あわせた数では2003年に15歳未満の子ども人口を上回った



ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2017-02-18 20:53 | Article | Comments(0)  

逆転許さず

ペットに犬、なお猫を上回る 
業界の推計飼育数、微減



ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)は17日、2016年の全国犬猫飼育実態調査の結果を発表した。推計飼育数は犬が前年比0.4%減の987万8千匹、猫が0.3%減の984万7千匹で、どちらも前年からほぼ変わらず、小差のままだった。

1994年の調査開始時から一貫して犬が猫を上回ってきたが、犬の推計飼育数はピークだった08年の1310万匹から減少。一方、猫は横ばい状態が続く。協会の担当者は「単身や高齢の世帯が増加しており、散歩などの手間が掛かる犬よりも、猫のほうが選ばれているのでは」と分析した。

昨年の同時期に新聞掲載されていた記事

15年の傾向からすると、16年で逆転されるかと思っていたが、瀬戸際で踏ん張る。
今年中にはどうなるだろうか。


e0179321_1925535.jpg




ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2017-01-22 11:29 | Article | Comments(0)  

北欧、犬の暮らし

ストイックな飼い主、「犬生」を謳歌する犬

北欧の歴史は、厳しい自然との戦いの歴史でもある。

長く寒い冬を堪え忍んできた北欧の人々は忍耐強く、真面目で秩序を重んじる。そんな彼らの気質は、犬との付き合い方にもよく表れている。彼らは犬を「おもちゃ扱い」にはしない。その代わり、「犬とはどんな生き物なのか?」を真剣に考えるのだ。

犬の散歩にかける時間は1時間を超えるし、ドッグスポーツを楽しむ人も多い。いまだに狩猟も盛んで、狩猟犬(兼家庭犬)が元気に活躍中だ。これは北欧の人たちが「犬は元来、アクティブな動物だ」と理解している証拠に他ならない。

犬の血統を大切にする人も多い。たとえば飼い主の半数以上が純血種というスウェーデンでは、ほぼすべての犬がケネル倶楽部に登録されていて、繁殖も倶楽部によって厳重管理されている。

さらに9割以上に犬にマイクロチップが装着され、農業省で飼い主登録を受けている。飼い主登録は法で定められているとはいえ、それをほぼすべての飼い主が守るとは、なんたる律義さと真面目さ!北欧人の犬に対する責任感の強さを感じずにはいられない。もちろん、犬を捨てる人は非常に少なくて、シェルターも各県に1つあるかないか・・・という程度である。

日本人の皆さんからみると、北欧の飼い主はややストイックに映るかもしれない。しかしそのストイックさがあるからこそ、北欧の犬たちはのびのびと犬らしい「素晴らしき犬生」を謳歌できるのだ。



ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2016-08-29 22:06 | Article | Comments(0)  

ペットを看取る

ペットフード協会によると2014年の犬の平均寿命は14.17歳、猫は14.82歳で、ここ数年伸びている。13年施行の改正動物愛護管理法には、飼い主は最後まで責任を持って飼うことが明記された。しかし終末期に向かうペットの介護はまだ手探り状態だ。

大阪府堺市の「ペットケアステーション大阪」は08年に開業。ペットの訪問介護事業を手掛ける。シニア期のペットを置いて家を不在にしたり、寝たきりの大型犬を介護する飼い主の声に応える。現在、利用する9割は13歳以上の老犬という。サービス内容は散歩代行や食事、入浴、排泄介助などで料金は、1日1回訪問で、1時間あたり小型犬が3千円、大型犬が4千円(交通費は別)。

杉原真理代表は「飼い主の高齢化や、ペットも自分の親も世話する『ダブル介護』を迫られる人など、切実な声が増えている」と語る。



~老いゆくペットと幸せに暮らす心得7カ条~

1 同じ目線で生活空間を見直す

2 老化の症状を知り、寄り添う工夫をする

3 主治医は飼い主の自分であると自覚する

4 優しくなでて、笑顔で語りかける

5 完璧な介護を目指さず無理をしない

6 お金を掛けるより、一緒にいる時間を

7 元気なうちから終末期や弔い方法を考える



うちのバウボニも今年で8歳と7歳に。

そろそろそんなことも考えなくてはなあ~。

e0179321_20535257.jpg




ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2016-02-02 20:58 | Article | Comments(2)  

ニャンとか守ったワン

昨年の犬飼育数、猫に逆転許さず


猫の飼育数、犬にほぼ並ぶ----。

ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)が29日、昨年の全国犬猫飼育実態調査の結果を発表した。推計飼育数は犬が前年比4.1%減の991万7千匹、猫が同0.9%減の987万4千匹。犬は前年より40万匹以上減ったが、猫も微減したため犬を上回らなかった。

協会は「犬の飼育数は減少、猫は横ばい」と分析。「一人暮らしやシニア層が増え、犬の世話が難しくなっている。猫は支出面でも負担が比較的少ない」と説明する。



e0179321_188830.jpg

(本文とは一切関係ありません・・・)



ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2016-01-30 18:10 | Article | Comments(0)  

飼育数、猫が犬を逆転する!?

10月26日、朝日新聞の一面に珍しくペット関連記事。



「ペット 猫が多数派?」


これまでペットの人気を二分してきた犬と猫。長く犬のリードが続いていたが、猫が逆転する日が近々やってきそうだ。小型犬ブームが落ち着き、散歩やしつけの手間から犬を飼う人が減る一方で、猫を家庭に迎える人が増えている。

ペットフードメーカーの業界団体「一般社団法人ペットフード協会」(東京都)は1994年から全国調査を実施し、犬と猫の推計飼育数を発表している。昨年の調査では、犬は1035万匹、猫は996万匹だった。調査対象を5万人に増やした過去5年で見ると、犬は12.8%減少する一方、猫は3.6%増えている。飼育世帯数では犬が上回るが、このペースだと今年の調査で猫の数が初めて犬を抜く計算だ。

今年の調査は今月9日で終わり、来年初めに発表の予定。協会の越村義雄名誉会長(67)は「犬を新たに飼う動きは低調だが、猫は2匹目を迎える人も増えている。散歩の必要もない猫は単身者でも飼いやすく、今回は犬猫が逆転するのではないか」と予想する。

犬に逆風となっているのは、飼い主の高齢化だ。同協会の昨年の調査によると、年代別には犬猫とも50代の飼育者が最も多く、50代以上が全体の6割を占める。そこに、90年代後半の小型犬ブーム時に飼い始めた犬が寿命を迎えつつある状況が重なる。市場調査会社「富士経済」(東京都)の橋本幸二主任は「飼い主の加齢に伴う負担の大きさから、犬の飼育数の減少に歯止めがかからない」という。

メディアでも猫人気が顕著だ。CMやドラマに出演する犬猫約180匹を擁する湘南動物プロダクション(千葉県)は、かつては犬への仕事依頼が8割を占めたが、最近は猫が6割にのぼる。複数のペットのブログランキングでは猫が軒並み上位を占める。




これからは猫の時代・・・
でもオレは死ぬまで犬派・・・
っていうかボーダー派・・・



ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2015-10-27 22:34 | Article | Comments(0)  

犬猫2万匹 流通過程で死ぬ

2014年度に国内で販売されるなどして流通した犬猫の数は約75万匹で、その3%にあたる2万3千匹余りが流通過程で死んでいたことが、朝日新聞とAERAの調査でわかった。犬猫の国内流通の実数が判明するのは初めて。


13年9月に施行された改正動物愛護法で、繁殖業者やペットショップなどに提出が義務付けられた「犬猫等販売業者定期報告届出書」の13年度分(9月施行のため原則的に同月以降の7ヶ月分)と14年度分を独自に集計した結果、判明した。この届出書は、各業者が年度中に販売したり死亡したりした犬猫の数を所管の自治体に報告するもの。「販売や繁殖に使われる犬猫が適正に取り扱われているかどうか把握するため」(環境省)に導入された。

集計の結果、販売または、不要になるなどしたため無償で引き渡された犬が、13年度は37万894匹、14年度は61万7009匹いた。猫はそれぞれ7万2569匹と、13万3554匹だった。

一方、繁殖から小売りまでの流通過程で死んだ犬猫の数は、13年度に1万7038匹、14年度に2万3181匹にのぼった。それぞれの流通量の3.84%(13年度)、3.08%(14年度)だった。死因については報告義務がない。

これまで流通の実数は把握されておらず、環境省は09年、販売業者らに調査して犬は年間約59万5千匹、猫は同7万5千~17万匹と推計。そのうち死亡した犬は約450匹、猫は約80~約240匹にとどまると見ていた。流通が専門の岩倉由貴・横浜商科大准教授(経営学)はこう指摘する。

「実数が把握できることでようやく犬猫の流通・小売りの全体像が見え、どこが課題なのかがわかってくる。効果的な政策立案が可能になり、生体販売について研究が進むことも期待される」

流通過程で死亡する犬猫が環境省の推計の33倍以上、流通量全体の3~4%に達すると判明したことで、ペットショップなど業者への規制が進む可能性もある。日本動物福祉協会特別顧問の山口千津子・獣医師はいう。

「死亡数が多いのには驚いた。これまで推計しかなかった犬猫の流通の実数がつかめる意義は大きく、ペットを巡る問題の対策を検討する際のベースになっていく数字だ。毎年これらのデータを集計し、分析していくようにすべきだ」





ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2015-09-29 19:43 | Article | Comments(0)  

2014年名前調査

アニコム損害保険㈱の調査による、犬の名前ランキング。

2014年は総合ランキングで「ココ」が1位を獲得し、4連覇を達成。

「ココ」は女の子のランキングでも2連覇を達成し、男の子でも7位にランクインするなど
高い人気が続いている。

総合2位は「チョコ」、3位以下に僅差で「マロン」「モモ」「モコ」と続く、昨年同様の結果。


e0179321_21195326.jpg



相変わらず、「バウンス」も「ボニー」もランキング圏外。

悪魔くんとまでは言わないが、個性的なのが丁度ええ、、、



ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2014-12-20 21:22 | Article | Comments(2)  

進化し続けるペットの食事

世界でも最高水準の高齢化社会に突入した日本では、ペットの寿命もどんどん延びている。数十年前は7歳ともなれば明らかに高齢犬であり、10歳を超えても元気な犬は非常に少なかったものだが、今や12、3歳で生き生きと過ごしている大型犬も珍しくない。これには、ワクチンなどの感染症の改善など様々な要因が考えられる。なかでも食事の影響は大きいだろう。


一昔前の犬猫のご飯といえば、それこそ残り物(ご飯にお味噌汁をかけたものなど)であった。しかし、牛豚など畜産向けの飼料が米国などからどんどん輸入され、そのほとんどが海外産となったところで、今度はペットへの売り込みが始まった。その結果、ペット用品売り場をのぞくとフードの種類の多さに度肝を抜かれるような時代となった。

基本は幼齢期、青年期、高齢期などの年齢に応じた栄養配分を考えたフードであるが、犬種別や肥満対策用の低カロリーのもの、アレルギー対応として主原料を変えたものなど、あの手、この手の商品が並んでいる。

これだけバラエティーに富んだ商品が出てくる背景には、飼い主がペットの食事にお金を掛けるようになったことのほかに、犬猫が必要とする栄養素についての研究が行われてきたからである。

動物の栄養学といえば、家畜を対象としたものばかりで、どうしたら肉質がよくなるか、乳量が増えるかを目的とした研究ばかりの時代を経て、犬猫が家族の一員とみなされるようになると、ペット向けの研究が重ねられ、それぞれにふさわしいフードが出回るようになった。おかげで、彼らの被毛は潤い、若々しさを保ったまま年を重ね、寿命も延びているのである。


今注目されているのは、手作り食である。自分で作れば、吟味した材料で、保存料など無添加のものを与えることが可能となる。しかし手作り食を試みる場合には、その動物が1日に必要とする栄養素とそのバランス、カロリー等々、学ばなければならないことは多い。食塩の量などをかなり制限した上で、嗜好性も高める工夫も必要と、多大な労力が求められる。生半可な覚悟でできるものではない。中途半端な知識で勝手に手作り食に挑むと、かえってペットの健康を損なうこともあると思った方がよい。

そして時代はさらに先に進んでいる。犬専用のパン屋や総菜屋、ケーキ屋などが散見されるようになったのだ。日本のペットたちは、どこに向かっているのだろか?


ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2014-03-05 21:43 | Article | Comments(0)  

2013年名前調査

毎年恒例「犬の名前調査」ネタ。


アニコム損害保険㈱が発表した「犬の名前ランキング2013」によると・・・

総合ランキングではココが3年連続の1位。
次いで、チョコ、マロン、モモ、モコと続く。

男女別では、男がレオ、ソラ、コタロウ。
女がココ、モモ、ハナの順。


犬種別のランキングも掲載されていたが、
当然というべきか、ボーダーのデータはない。

あったとしても、バウンスやボニーはランクインしないだろう。

それでいいのだ・・・



ボーダーコリーランキングに参加しています。
応援のポチっとよろしくお願いしま~す(^0^)v。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

by BOUNCE-BONNIE | 2013-11-22 23:21 | Article | Comments(2)